トップ

二重整形で綺麗な二重に

二重整形の名医に綺麗な二重を作ってもらう

並行二重をつくるために二重整形の名医に

昔から自分の奥二重の目元に不満で、きれいにくっきりと刻まれたような、いわゆる平行二重に憧れていました。そう、女優の中谷美紀さんの目元のように、まぶたに脂肪が感じられない平行二重です。彼女がドラマに出るたびに、本当にきれいな女優さん、きれいな二重まぶただなあ、と20代になった今でもほれぼれして見つめてしまいます。

>二重整形の名医を探すにはこのサイトが参考になります。

そして年齢をかさねて20代を迎えた今、私の目元は蒙古襞のつよい奥二重です。大人になって、思春期の余分な脂肪が落ちたら、私も平行二重になれるかもと期待していましたが、その期待はもろくも崩れ去りました。現在も私の毎日のメイクアップに、アイプチでの二重強化作業は欠かせません。なにしろメザイクでは二重にならないほどの強力な億豚絵のため、何度もアイプチをしてやっとのことで「平均的な」二重まぶたを実現しているのです。

でもアイプチってとても水に弱いのが困りもの。もし海やプールに出かけて顔に水がかかったら、このアイプチ加工が取れてしまう恐れがあるのです。だから今までプールなどの水辺関係のお誘いはすべて断ってきました。本音を言えばもちろん私だって海とか行きたいのに!これでは20代の青春は暗いものになりそうです。

とはいえ、水に浸からなくても、アイプチで加工した二重まぶたって、割と簡単にばれてしまうものだから…女子同士だと、よくそんな話で盛り上がることがあるので、きっと私の名前もアイプチ女として名前が挙がっているんだろうなあ。じゃあ、二重まぶたにするくらいなら簡単にできると聞くし、整形すればいいのかなと思っても、いろんな二重にする手術があってえらぶのが難しい。

なので、どの手術にすればいいのか迷ってしまって自分で決めることができなかった私は二重整形の名医と呼ばれる人に聞きにいくことにしました。すると、私は、蒙古襞が強いので、並行二重にするためには、目頭切開での手術がおすすめだといわれました。蒙古襞を目頭切開を取り除かなければ、末広型の二重になってしまう可能性が高いそうなのです。それは困る!平行二重にならなくては意味がない!では、私の奥二重を平行二重に変えてくれる目頭設計とはどのようなものなのでしょうか。目頭切開での手術について、私が調べたことをまとめておきますね。

“目頭切開法は上まぶたから目頭に向かってある蒙古襞によって目頭のピンクの部分が隠れてしまっている方に対して、目頭が隠れないように蒙古襞を取り除く施術です。 蒙古襞があると、正面から見て鼻筋が通ってない印象があります。 日本人に多くみられる蒙古襞が発達した方は、平行型の二重になりにくく、目の幅が 短く見え、目と目の間に距離感があるために、鼻筋が低く、顔が膨張して見えます。 この施術によって蒙古襞を取り除き、鼻筋の通った印象が作り出せますし、末広型の二重が平行型の二重になっていきます。又、目の横幅が目頭に向かって伸びますので、目が長く大きく見えるようになります。
出典:目頭切開法|二重まぶた・目・目元|美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

さて、とうとう私は目頭切開のための美容整形手術により、物心ついたころ洗憧れていた中谷美紀さんばりの並行二重を手に入れることに成功することができました!本当に鏡を見るのが楽しくなるんだと、毎日うきうきしています。次のページからは、私が執刀医に聞いたその他の手術法や、二重整形の名医の選び方についてご紹介します。

Copyright © 二重整形の名医に綺麗な二重を作ってもらう All rights reserved